黒い雌鳥・タリズマンと魔法の指輪

オカルト・超常現象 > 魔術書・魔法書 > 黒い雌鳥・タリズマンと魔法の指輪

黒い雌鳥・タリズマンと魔法の指輪

黒い雌鳥 タリズマンと魔法の指輪

黒い雌鳥には22の図版が書かれています。その内の2つは魔法円で、残りの20は組になったタリズマン(タリスマン)魔法の指輪の図となっています。タリズマン(タリスマン)と魔法の指輪を使った魔術は、長くなるため全ては書きませんが、タリズマン(タリスマン)と魔法の指輪を作り、それらを身に付け、指定の姿勢をとり、指定の呪文を唱える事により作用を発動さると言った流れで行われます。

黒い雌鳥の二大柱のもう一方、金を発見する雌鳥の育て方、扱い方については現実味が極端に薄いと思われる事から(勿論、心的なものとして解釈して行く事も可能かも知れませんが…)ここでは触れません。

黒い雌鳥(黒い雌鶏、黒いメンドリ…)のタリズマンと指輪を使った魔術に興味のある方は別運営のサイトにて詳しく紹介していますのでそちらを御覧下さい。「魔術サイト 銀の月

黒い雌鳥の関連項目