ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)・ソロモンの72柱の悪魔

オカルト・超常現象 > 魔術書・魔法書 > ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)・ソロモンの72柱の悪魔

ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)・ソロモンの72柱の悪魔

ゲーティア(ソロモンの小さな鍵) ソロモンの72柱の悪魔

ゲーティアに紹介されている悪魔ソロモン王が使役されたとされる「ソロモンの72柱の悪魔(ソロモンの七十二柱の精霊)」にはどの様な者達がいるのかを以下に書き出して見たいと思います。(因みに72柱の柱とは神や悪魔などを数える時に用いる単位です。本来、柱は神の象徴であり、そのため神を数える際の単位として用いられていたのですが、悪魔を数える単位として用いられる事もある様です。神も天使も悪魔も性質の違いを無視して一言で括ってしまえば同じ霊(Spirit)であり、神と悪魔が区別なく同じ様に柱で数えられていても特に不思議ではない様に思います。)

  • バエル(Bael)
  • アガレス、アグレアス(Agares, Agreas)
  • ヴァッサーゴ(Vassago)
  • サミジーナ(Samigina)
  • マルバス(Marbas)
  • ヴァレフォール(Valefor)
  • アモン(Amon)
  • バルバトス(Barbatos)
  • パイモン(Paimon)
  • ブエル(Buer)
  • グシオン(Gusion)
  • シトリー(Sitri)
  • ベレス、ビレス、ビレト(Beleth, Bileth, Bilet)
  • レラージュ、レラーイェ、レライエ(Leraje, Leraie)
  • エリゴス(Eligos)
  • ゼパル(Zepar)
  • ボティス(Botis)
  • バティン(Bathin)
  • サロス、サレオス(Sallos, Saleos)
  • プルソン(Purson)
  • マラクス(Marax)
  • イポス(Ipos)
  • アイム(Aim)
  • ナベリウス(Naberius)
  • グラシャラボラス、グラシャ-ラボラス(Glasya-Labolas)
  • ブーネ、ビメ、ビム(Bune, Bime, Bim)
  • ロノウェ、ロノヴェ(Ronove)
  • ベリス(Berith)
  • アスタロス、アスタロト(Astaroth)
  • フォルネウス(Forneus)
  • フォラス(Foras)
  • アスモダイ、アシュモダイ、アスモディ(Asmoday, Asmodai)
  • ガープ、ガアプ(Gaap)
  • フルフル(Furfur)
  • マルコシアス(Marchosias)
  • ストラス、ストロス(Stolas, Stolos)
  • フェネクス、フェニクス、フェニックス(Phenex, Pheynix)
  • ハルファス、マルサス(Halphas, Malthus, Malthas)
  • マルファス(Malphas)
  • ラウム(Raum)
  • フォカロル、フォルカロル、フルカロル(Focalor, Forcalor, Furcalor)
  • ヴェパール、ベファル(Vepar, Vephar)
  • サブノック(Sabnock, Savnok)
  • シャックス、シャズ、シャス(Shax, Shaz, Shass)
  • ヴィーネ、ヴィネ、ヴィネー(Vine, Vinea)
  • ビフロン、ビフロウス(Bifrons, Bifrous, Bifrovs)
  • ウヴァル、ヴアル、ヴォヴァル(Uvall, VUAL, VOVAL)
  • ハーゲンティ、ハアゲンティ(Haagenti)
  • クローセル、クロセル、クローケル、クロケル(Crocell, Crokel)
  • フルカス(Furcas)
  • バラム、バラーム、バラアム(Balam, Balaam)
  • アロセス、アロカス(Alloces, Alocas)
  • カミオ、カイム(Camio, Caim)
  • ムルムル、ムルムス、ムルムクス(Murmur,Murmus, Murmux)
  • オロバス(Orobas)
  • グリモリー、ガモリ(Gremory, Gamori)
  • オセ、オソ、ヴォソ、ウォソ(Ose, Oso, Voso)
  • アミー、アウナス(Amy, Avnas)
  • オリアクス、オリアス(Oriax, Orias)
  • ヴァプラ、ナフラ(Vapula, Naphula)
  • ザガン(Zagan)
  • ヴォラク、ヴァラク、ウァラク(Volac,Valak, Valu, Ualac)
  • アンドラス(Andras)
  • ハウレス、ハウラス、フラウロス(Haures,Hauras, Havres, Flauros)
  • アンドレアルフス(Andrealphus)
  • キメジェス、キメイエス、キマリス(Cimejes, Cimeies, Kimaris)
  • アムドゥシアス、アムドシアス、アムドキアス(Amdusias, Amdukias)
  • ベリアル(Belial)
  • デカラビア(Decarabia)
  • セエレ(Seere, Sear, Seir)
  • ダンタリオン(Dantalion)
  • アンドロマリウス(Andromalius)

これらがゲーティア(ソロモンの小さな鍵)に紹介されている悪魔達であり、ゲーティアの召喚術(実際には喚起術)による召喚(実際には喚起)、使役の対象となる者達です。中には聞いた事のある悪魔の名前もあるのではないでしょうか。

ソロモンの72柱の悪魔に興味のある方は別運営のサイトにて詳しく紹介していますのでそちらを御覧下さい。「魔術サイト 銀の月

ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)の関連項目