ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)

オカルト・超常現象 > 魔術書・魔法書 > ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)

ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)

ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)

ゲーティア(ゴエティア、ゴーティア…)(Goetia)はレメゲトン(Lemegeton)の第一の書であり、ソロモンの小さな鍵(ソロモンの小さき鍵、ソロモンの小鍵、ソロモン王の小さな鍵、ソロモン王の小さき鍵、ソロモン王の小鍵…)(The Lesser Key of Solomon the King)とも呼ばれます。ゲーティアと言う呼び名よりはこちらの別名の方が一般的かも知れません。この別名に冠されているソロモンとはイスラエル王国の栄華を築いたソロモン王の事です。この書はそのソロモン王によって書かれたもの、或は(少なくとも)ソロモン王の書いたものを元にして書かれたものであると言われていますが、その真偽の程は不明であり、単なる箔付けとしてソロモン王の名が使われたのではないかとも言われています。この手の箔付けは古い時代(特に中世)の書物には良くある事ですので…。

ゲーティアはソロモンの72柱の悪魔(ソロモンの七十二柱の精霊)とその召喚(実際には喚起)方法を書き記した書であり、ソロモンの72柱の悪魔の紹介、それらを召喚(喚起)するために必要な道具、呪文、実際の召喚(喚起)方法についてなどが書かれています。このソロモンの72柱の悪魔とはソロモン王がその栄華を築くために使役したと言われている悪魔達の事です。ソロモン王が多くの悪魔を使役していたと言う伝説は異教の神々を容認していたソロモンらしい話であると思います。

ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)に興味のある方は別運営のサイトにて詳しく紹介していますのでそちらを御覧下さい。「魔術サイト 銀の月

ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)の関連項目