ソロモンの大きな鍵

オカルト・超常現象 > 魔術書・魔法書 > ソロモンの大きな鍵

ソロモンの大きな鍵

ソロモンの大きな鍵

ソロモンの大きな鍵(ソロモンの鍵、ソロモンの大いなる鍵、ソロモンの大鍵)はS・L・マクレガー・メイザース(マザース)が幾つかの写本と資料を元にして翻訳(英訳)、編集したものであり、最も有名な魔術書の1つであると言えます。翻編者であるS・L・マクレガー・メイザース(マザース)は、このソロモンの大きな鍵は疑う事なくソロモン王の著作(が伝わった物)であるとしていますが、しかし、ソロモンの小さな鍵(ゲーティア)と同様にソロモン王の名を冠する事によって尤もらしさを持たせるための箔付けが為されているのではないかと言うのが妥当なところの様です。このソロモンの大きな鍵(ソロモンの鍵、ソロモンの大いなる鍵、ソロモンの大鍵)には様々な魔術が載っていますが、中でも七惑星のペンタクルが有名です。土星のペンタクルが7つ、木星のペンタクルが7つ、火星のペンタクルが7つ、太陽のペンタクルが7つ、金星のペンタクルが5つ、水星のペンタクルが5つ、月のペンタクルが5つ、計43種類のペンタクルが載っています。