術士アブラメリンの聖なる魔術書・修得方法

オカルト・超常現象 > 魔術書・魔法書 > 術士アブラメリンの聖なる魔術書・修得方法

術士アブラメリンの聖なる魔術書・修得方法

術士アブラメリンの聖なる魔術書 修得方法

アブラメリンの聖なる魔術を修得するためには6ヶ月にも渡る長き祈りの日々と7日間の儀式を必要とします。これについて全て書いて行くととても長くなってしまいますので、以下ではその概略をのみを紹介して見たいと思います。

先ず、6ヶ月間の祈りの日々を過ごします。この6ヶ月間は2ヶ月毎の3つの期間に分かれています。行われる作業の内容は最初の2ヶ月、中間の2ヶ月、最後の2ヶ月と進むに従って厳しくなって行きます。6ヶ月間の祈りの日々を過ごした後、7日間の儀式を行ないます。最初の日は自己と道具の聖別、次からの3日間は天使の召喚、最後の3日間は(上記にある)悪魔の召喚(実際には喚起)を行います。その後、神に祈りを捧げる7日間の後、自由に(上記にある)悪魔を使役する事が出来る様になります。

アブラメリンの聖なる魔術は数々の条件がある事と期間が長い事で修得するのがとても難しいと言われています。

術士アブラメリンの聖なる魔術書(アブラメリンの神聖魔術書、アブラメリンの魔術書、アブラメリンの書)の聖なる守護天使(聖守護天使)の知識と交渉に興味のある方は別運営のサイトにて詳しく紹介していますのでそちらを御覧下さい。「魔術サイト 銀の月

術士アブラメリンの聖なる魔術書の関連項目