術士アブラメリンの聖なる魔術書

オカルト・超常現象 > 魔術書・魔法書 > 術士アブラメリンの聖なる魔術書

術士アブラメリンの聖なる魔術書

術士アブラメリンの聖なる魔術書

術士アブラメリンの聖なる魔術書(術士アブラメリンの神聖魔術書、アブラメリンの魔術書、アブラメリンの書…)(The Book of the Sacred Magic of Abra-Melin the Mage)はアブラメリンの聖なる魔術(アブラメリンの神聖魔術)の修得方法が書かれた書です。この魔術書は3つの書から成り、第一の書ではこの本の著者とされるユダヤ人アブラハム(14~15C)がアブラ=メリンに出合ってこの魔術を修得するに至った経緯やアブラ=メリンの聖なる魔術の概要などが、第二の書ではアブラメリンの聖なる魔術の実際の修得方法が、第三の書では数多くの魔方陣が紹介されています。

アブラメリンの聖なる魔術の目的は聖なる守護天使(聖守護天使)(Holy Guardian Angel, HGA)の知識と交渉を得る事です。そして、アブラメリンの聖なる魔術を修めた者は数多くの悪魔を自在に使役する事が出来る様になります。

術士アブラメリンの聖なる魔術書に興味のある方は別運営のサイトにて詳しく紹介していますのでそちらを御覧下さい。「魔術サイト 銀の月

術士アブラメリンの聖なる魔術書の関連項目