(ルナ、ムーン)(Luna, Moon)は地球の周りを周る衛星です。地球の衛星ですが占星術などでは惑星と呼ばれます。

(ルナ、ムーン)は地球に最も近く見た目の大きさも最も大きい天体です。太陽との位置関係によって満ち欠けし、約一ヶ月かけて地球の周りを一周します。月(ルナ、ムーン)の起源には、分裂説、捕獲説、共成長説、ジャイアントインパクト説(Giant Impact Theory)などがあります。

(ルナ、ムーン)は黄道十二宮巨蟹宮の支配惑星となっています。