天王星

天王星

天王星

天王星(ウラヌス、ハーシェル)(Uranus, Herschel)は太陽系第七惑星であり、自転軸が非常に大きく傾いていて、ほぼ横倒しの状態で自転している惑星です。1781年にハーシェル(F.W.Herschel)によって発見されました。その発見者の名前からハーシェルと呼ばれる事もあります。天王星の自転軸の傾きの原因としてはジャイアントインパクト説(Giant Impact Theory)があります。

天王星(ウラヌス、ハーシェル)は黄道十二宮宝瓶宮の支配惑星となっています。