ブードゥー

ブードゥー

ブードゥー(ヴードゥー・ブゥードゥー)

ブードゥー教(ヴードゥー教、ブゥードゥー教)(Voodoo, Voodooism)はハイチなどに見られる民俗信仰です。ブードゥー人形(ヴードゥー人形、ブゥードゥー人形)(Voodoo Doll)や歩く死者ゾンビ(Zombie)などでも有名です。

ブードゥー教(ヴードゥー教、ブゥードゥー教)の神官は、男性はウンガン、女性はマンボと呼ばれ、聖霊ロアの召喚(憑依)を行い助言を得たり治療を行うと言われています。ゾンビを作るのはボコールと呼ばれる邪術師であり、彼らは呪いをかけたり毒薬やゾンビパウダーを作ったりもする様です。ゾンビは農園で働かされます。