アレイスター・クロウリー

オカルト・超常現象 > 魔術師・魔法使い > アレイスター・クロウリー

アレイスター・クロウリー

アレイスター・クロウリー

アレイスター・クロウリー(Aleister Crowley)(1875~1947)。アレイスター・クロウリーは20世紀最大の魔術師とも言われる有名な魔術師です。黄金の夜明け(ゴールデンドーン)団のメンバー。その後、銀の星(A.A)を創立。O.T.O(東方聖堂騎士団)の首領も務めました。嘘も真も含めてエピソードには事欠かない人物であり、ある意味ではとても魅力的な人物であると言えます。アレイスター・クロウリーの言葉…、『魔術(Magick)とは意志に従い変化を起こす科学であり業である』、『汝の意志するところを行なえ、これこそ法の全てとならん』などは余りにも有名です。『法の書』、『魔術 理論と実践』、『777の書』、『トートの書』など数々の著作を残しました。野獣(ビースト)666、傾倒者は未だに多いと言われています。