エリファス・レヴィ

エリファス・レヴィ

エリファス・レヴィ

エリファス・レヴィ(Eliphas Levi)(1810~1875)。エリファス・レヴィは近代魔術(魔法)の父と言われています。フラフラの状態で煙塗れになりながらティアナのアポロニウスの霊を呼び出した事は有名です。著書には『高等魔術の教理と祭儀』、『魔術の歴史』、『大神秘の鍵』などがあります。