S・L・マクレガー・メイザース

オカルト・超常現象 > 魔術師・魔法使い > S・L・マクレガー・メイザース

S・L・マクレガー・メイザース

S・L・マクレガー・メイザース

S・L・マクレガー(マグレガー)・メイザース(マザース、マサース)(Samuel Liddell MacGregor Mathers)(1854~1918)。メイザース(マザース)は魔術書(魔法書)の発掘家であり、翻訳家です。メイザース(マザース)が翻訳したものには、『ヴェールを脱いだカバラ』、『ソロモンの大きな鍵』、『ゲーティア(ソロモンの小さな鍵)』、『術師アブラメリンの聖なる魔術書』などと言った有名なものが多くあります。ウィリアム・ウィン・ウェストコット、ウィリアム・ローバート・ウッドマンと並んで黄金の夜明け(ゴールデンドーン)団の創立者の1人です。儀式魔術(儀礼魔術、典礼魔術)の達人と言われています。