ニコラス・フラメル

ニコラス・フラメル

ニコラス・フラメル

ニコラス(ニコラ)・フラメル(Nicolas Flamel)(1330~1418)。ニコラス・フラメルはユダヤ人アブラハムの書を解読し、哲学者の石(賢者の石)の生成に成功したと言われています。その後、数百年生きたとも、未だに生きているとも言われています。著書には『象形寓意図の書』と言う錬金術の有名な書があります。