パラケルスス

パラケルスス

パラケルスス

パラケルスス(Paracelsusu)(テオフラストゥス・フィリップス・アウレオールス・ボンバトゥス・フォン・ホーエンハイム(Theophrastus Philippus Aureolus Bombastus von Hohenheim))(1493?~1541)。パラケルススは医者であり、錬金術師であり、自然魔術の大成者であると言われています。パラケルススは『ホムンクルスの書』などの著作の中でホムンクルスの作り方を紹介しています。また、本人も錬金術によって人造人間ホムンクルス(世では何故かホンムクルスと書かれている事も…)を作ったとされています。哲学者の石(賢者の石)を持っていたとも言われています。著書には『魔法原論』があります。