カブレラストーン(ICAの石)

オカルト・超常現象 > オーパーツ > カブレラストーン(ICAの石)

カブレラストーン(ICAの石)

カブレラストーン(ICAの石)

カブレラストーン(Cabrera Stones)とは1961年にジャンヴィエル・カブレラ・ダルケア(Dr. Javier Cabrera Darquea)によって広く知られるようになった石の事で、恐竜の姿や恐竜と戦う人間の姿、現在の様に移動する前の大陸を描いた世界地図、心臓の摘出・移植とも言われる模様、望遠鏡の様なものを用いた天体観測や彗星の姿の描かれています。南米ペルーのイカで発掘された石とされている事からICAの石(Ica Stones)とも呼ばれます。カブレラストーン(ICAの石)は無数に発見されており、現在ではジャンヴィエル・カブレラ・ダルケアの私設博物館にかなりの数が収められている様です。

カブレラストーン(ICAの石)は正確な年代測定が行われておらず、何時の時代に作られたものかは分かっていません。正確な年代測定が行われないのは発見された状況が不明瞭な事が理由の様です。カブレラストーンがどの様な場所からどの様な形で発見されているかはカブレラストーンの収集家であるジャンヴィエル・カブレラ・ダルケアとカブレラストーンを発掘してはジャンヴィエル・カブレラ・ダルケアに渡していたバジリオ・ウチュヤ(Basilio Uchuya)の二人しか分からない様です。二人とも現在は既にお亡くなりになっています。

カブレラストーンの作られた年代は分かりませんが、これを『人類と恐竜が共存する時代があった証拠』、『遥か大昔に人類が天体望遠鏡による天体観測や、心臓移植などの高い技術を持っていた証拠』だと言う人もいます。作られた年代が分からないのに何故その様な主張が出来るのかは良く分かりません。カブレラストーンよりもそちらの方が謎が多い様な気がします…。

カブレラストーンは1977年、バジリオ・ウチュヤが捏造を告白。これによりカブレラストーンは現代に作られた偽物であると言う事で決着がつきます。しかし、カブレラストーンを古代の代物だと信じて疑わない人はこの捏造の告白自体を疑っている様です。『疑える眼』を持っているのであれば何故その『眼』を最初にカブレラストーンの方に向けないのか…不思議なのですが…。色々と都合はあるのかも知れませんが、先ず最初に疑うべきなのはカブレラストーンの方だと思います…。