バミューダトライアングル

オカルト・超常現象 > 超常現象・怪奇現象 > バミューダトライアングル

バミューダトライアングル

バミューダトライアングル

バミューダトライアングルとはフロリダ半島、プエルトリコ、バミューダ諸島を結ぶ三角形の海域の事です。このバミューダトライアングルでは飛行機や船が謎の失踪を遂げると言われています。そのためバミューダトライアングルは魔の三角地帯、魔の三角海域、魔のバミューダ海域などとも呼ばれます。飛行機や船の謎の失踪の原因については…マイクロバースト説、メタンハイドレード説、プラズマ現象説、磁気異常説、異次元への回廊説、宇宙人(エーリアン)による誘拐説など…様々がある様です。

バミューダトライアングルで起きた航空機船舶消失事件では1945年12月5日に起きたアメリカ・フロリダ州のフォートローダーデール空軍基地から飛び立ったアベンジャー型雷撃機5機とマーティン・マリナー型飛行艇の消失が有名です。