人体発火現象

人体発火現象

人体発火現象(人体自然発火現象)

人体発火現象(人体自然発火現象)とは火元がないとされている中で人体が自然に発火するとされている現象です。人体発火現象(人体自然発火現象)は今までに様々な事例が報告されている様です。中でも老人、若者の発火事例が多いとされています。人体発火現象(人体自然発火現象)の原因としては…体内に多量のアルコールがあったためとする説、心的エネルギーの影響のためとする説、細菌による発火説、リンによる発火説、プラズマ現象による出火説、(火元があっての)人体ロウソク化現象による低温火災説など…様々な説がある様です。一つ一つの事例で原因が違うと考えられています。勿論、(故意であれ故意でなかれ)話自体に既に偽りが含まれている場合もある様です。

人体発火現象(人体自然発火現象)で有名なものには1951年7月に起きたメアリー・リーサー夫人焼死事件、1731年4月に起きたコルネリア・ディ・バンディ婦人焼死事件、1988年1月に起きたアルフレッド・アシュト焼死事件などがあります。