バビロンの空中庭園(吊り庭)

オカルト・超常現象 > 世界の七不思議 > バビロンの空中庭園(吊り庭)

バビロンの空中庭園(吊り庭)

バビロンの空中庭園(吊り庭)

バビロンの空中庭園(バビロンの吊り庭)(the Hanging Gardens of Babylon)は新バビロニアの首都バビロンにあったとされる宮殿であり、水と植物の豊富な美しい庭園だったと言われています。紀元前600年頃に新バビロニアの王、ネブカドネザル2世が王妃アミュティスのために建てたとされ、紀元前538年、侵略してきたアケメネス朝ペルシャによって破壊されたとされています。

バビロンの空中庭園(バビロンの吊り庭)は古典古代世界の七不思議(七大建造物)の一つに数えられています。