チュパカブラ

チュパカブラ

チュパカブラ

チュパカブラ(Chupacabra)(チュパカブラス(Chupacabras))は1995年、プエルトリコで目撃されたUMA(未確認生物)。大きさは1メートル~2メートル、顔の形は宇宙人のグレイタイプに似ていて、大きな眼は赤く、口には鋭い牙があり、頭部から背中にかけてトゲの様なものが生えていて、二本の足で直立し、カンガルーの様に跳ねて移動すると言われています。また、家畜(※ヤギなど)や人間に襲い掛かり吸血するとも言われています。

(※ チュパカブラと言う言葉はスペイン語であり、『chupa』は英語の『to suck』、『cabra』は英語の『goat』に相当し、『chupa-cabra』では『ヤギの体液(血)を吸う者』、『ヤギをしゃぶる者』と言う意味になります。英語を使って呼ぶ時には『goat sucker(ヤギの体液(血)を吸う者)』と呼ばれるようです。)

チュパカブラはプエルトリコでの目撃以降、アメリカ、メキシコなど北アメリカ、中央アメリカで多くの目撃情報があり、チュパカブラの体の一部だと言う物質や、チュパカブラを収めたとされる写真や映像(動画)も数多くある様です。しかし、チュパカブラが存在していると言う決定的な証拠は未だにない様です(だからこそUMA(未確認動物)なのですが…)。