河童(カッパ)

河童(カッパ)

河童(カッパ)

河童(カッパ)は日本産のUMA(未確認動物)で、古来よりの伝説や日本各地での目撃情報が数多くあります。個人的にはUMAと言うよりも妖怪や伝説上の生き物と考えた方が良いと思うのですが…もし目撃情報通りに実在するとするのであれば河童は妖怪や伝説ではなく「未発見の生物」、即ち、UMAと言う事になると思います…実在すればですが…。

良く耳にするカッパの外見的な特長には以下の様なものがあります。

  • 身体は小柄で子供くらいの大きさ
  • 全身が緑がかった色をしている
  • 頭頂部には皿(窪み)がある
  • クチバシがある
  • 手足の指の間に水掻きがある
  • 背中に甲羅がある
  • 二足歩行が可能

河童の頭頂部にある皿(窪み)は水で濡れている必要があり、この皿が乾くと河童は衰弱し、最後には死んで仕舞うと言われています。

身体的特徴以外に良く聞く河童の特長には以下の様なものがあります。

  • 川・湖・沼などの水中・水辺で暮らしている
  • キュウリが好物
  • 相撲が好き
  • 人間の尻子玉を抜く
  • 万能薬の製法を知っている

河童は相撲が好きで、人間の子供を相撲に誘い、負けた子供からは尻小玉を抜くそうです。

河童のミイラ

現在、河童が実在している(実在していた)と言う確かな証拠は未だありませんが、世の中には河童のミイラと言われるものが残っている様で…もしこれが本物の河童のミイラならば、例え河童が既に絶滅していたとしても、少なくとも河童は実在していたと言う事になります(何を以って本物とするかは分かりませんが…)。しかし、河童のミイラと呼ばれる物体は見た限りではどれもこれもこの上なく怪しげなものばかりの様に見えます…。

もし河童が妖怪でも伝説上の生き物でもなく実在しているのであれば、そして絶滅もしていないのであれば、生きている河童を発見、捕獲するのが一番確実な証拠となるのではないかと思います…当然の事ですが…。