モスマン

モスマン

モスマン

モスマン(蛾人間)はアメリカ産のUMA(未確認動物)で、ウェストバージニア州、ポイント・プレザントでの目撃情報が数多くあります。

モスマンの特徴には以下の様なものがあると言われています。

  • 身長は約2メートル
  • 全身が体毛に覆われている
  • 目は暗闇で赤く光る
  • 両腕がない
  • 背中には大きくて蛾の様な翼が生えていている
  • 空を飛ぶ事が出来る(但し、翼は羽ばたかない)
  • 飛行速度は自動車よりも速い

モスマンの正体は幻覚説、巨大な鳥の見間違え説、宇宙人が連れて来た宇宙生物説(エイリアン・アニマル説、エイリアン・ペット説)などがある様です。また、フライング・ヒューマノイドこそモスマンであるとする説もあります。

1967年12月15日に起きたオハイオ川に架かるシルバーブリッジが崩落して多くの犠牲者を出した事故…これについては「実はモスマンがシルバーブリッジを落とした」とする説もある様です…。もしこれが本当ならばモスマンは他のUMA(未確認動物)に比べてかなり活動的で知能も高いものと思われます…本当ならばですが…。