ネス湖のネッシー

ネス湖のネッシー

ネス湖の怪獣ネッシー

ネッシー(Nessie)は英国・スコットランドのネス湖に生息していると言われている水棲UMA(未確認動物)の事です。目撃された場所がネス湖なのでネッシーと呼ばれています。恐らくネッシーは世界で最も有名なUMAと言っても過言ではないのではないかと思います。

ネッシーは今までに幾つもの目撃証言があり、また、幾つ物写真や映像(動画)にも収められて来ましたが、ネッシーが実在していると言う決定的な証拠は未だにない様です。目撃情報については(例えば流木などの)見間違いだったり虚偽の証言をしている可能性も考えられますし、(特に一般人の手による)写真や映像(動画)については何か別のものがネッシーの様に写っているだけであったり、意図的にネッシーが写り込んでいる様に偽造しているものである可能性も拭い切れないので、やはり、ネッシーの存在を証明するためには、信頼出来る機関、団体による調査での何らかの決定的な証拠や、ネッシーそのものの捕獲と言った事が必要になるのではないかと思います。

ネス湖の怪獣ネッシーの姿を映したものとされる写真の中に『外科医の写真(The Surgeon's Photograph)』と呼ばれる有名な写真があります。これは1934年4月1日に産婦人科医のロバート・ケネス・ウィルソン(Robert Kenneth Wilson)の手によって撮影されたとされる写真で、ネス湖の湖面に現れたネッシーの姿を撮影したものだとされていました。しかし、その後、『外科医の写真』の全景写真(ネッシーの姿だけでなくネス湖の対岸も一緒に写っている写真)が発見され、そこに映っていたネッシーの姿が全体と比べて余りにも小さい事から写真のネッシーが偽物であると判明します。(公表されていた写真は全景写真からネッシーの姿の映った部分だけを切り抜いたもので、ネッシーの大きさが分からない様にするために切り取られていた様です。)更に1993年11月にはロバート・ケネス・ウィルソンの知人であるクリスチャン・スパーリング(Christian Spurling)が『外科医の写真』は自分の義理の父であるマーマデューク・ウェザラル(Marmaduke Wetherell)がおもちゃの潜水艦を利用して撮影したものであると言う事を自身の臨終間際に告白。この告白は翌年1994年3月には世間の知るところとなり、これによって世間的にも『外科医の写真』は本物のネッシーを写した写真ではないと言う結論に落ち着いた(?)模様です。

ネス湖のネッシーはその数々の目撃情報や写真・映像(動画)から、プレシオサウルスなどの首長竜の生き残りではないかと言われたり、ゼウグロドンやバシロサウルスなどの古代鯨の生き残りではないかと言われる事があります。勿論、目撃情報や写真・映像(動画)が本物だとした上での仮説ですが…。